1. ホーム>
  2. 会社情報>
  3. CSRの取り組み>
  4. 安全衛生への取り組み

会社情報

安全衛生への取り組み

『ナカノフドーSMS』は9年前の平成15年より導入し、平成22年12月に東京本店において、コスモス(建設業労働安全衛生マネジメントシステム)認証取得し、平成23年12月に東京本店に限らず、全社でコスモス一括認証取得をし、全社員並びに協力会社の協力のもと、安全衛生水準の向上に努めています。

労働災害の防止に向けた取り組み

中長期安全衛生目標(平成27年4月~平成30年3月)
  • 1.労働災害の削減 【度数率:0.40以下  強度率:0.02以下】
  • 2.安全衛生施工体制の強化 【施工体制台帳と現場管理体制の整合】
  • 3.過重労働健康障害の防止 【作業所年間所定休日取得の向上、ノー残業デーの計画的取得】

安全衛生推進大会

毎年6月に支社ごとに開催し、社員、協力会社の方々の安全意識向上に努めております。安全成績優秀者の協力会社、職長、社員の表彰、また、第2部として協力会主催のアトラクション等も行っています。

  • 安全衛生推進大会
安全衛生パトロール
経営トップによるパトロール

社長、中央安全衛生委員長等経営トップによる、安全衛生パトロールを各支社に対し実施しています(2回以上/年・各支社)。竹谷社長より全作業員をまえに「全員が決められたルール(手順)を守り作業すること、また、<<気づく>>のキーワードを常に意識して、作業すること」と安全訓話をしてから現場を巡視しています。

  • 作業員への安全訓話

    竹谷社長の作業員への安全訓話

  • 社長による現場パトロール

    竹谷社長による現場パトロール

店社、ナカノフドー友愛会(協力会)による合同パトロール

店社、協力会社が一体となり、作業所の安全衛生管理活動の向上をはかるため、工事関係者並びに協力会社が合同で毎月パトロールを実施しています。

  • 友愛会への安全訓話

    竹谷社長による友愛会への安全訓話

安全衛生教育
技術社員研修

新入社員、内勤技術社員及び工事部員を対象に毎年安全衛生教育を行っています。

事業者安全衛生教育

支社ごとに、協力会社会員を対象に安全衛生協議会(4回/年)を通し、安全衛生教育を定期的に行っています。

  • 技術社員教育

    技術社員教育

  • 安全衛生協議会

    安全衛生協議会

ナカノフドー友愛会(協力会)

協力会社で組織される「ナカノフドー友愛会」は、災害防止部会・教育研修部会・厚生広報部会・BCP特別部会の4部会により自主的な安全衛生活動を取り組んでおります。

  • 職長・安全衛生責任者教育講習

    職長・安全衛生責任者教育講習

  • 社内基準冊子の配布

    社内基準冊子の配布

↑このページのトップへ