1. ホーム>
  2. 株主投資家情報>
  3. ディスクロージャー・ポリシー

株主投資家情報

ディスクロージャー・ポリシー

情報開示の基本方針

当社は、全てのステークホルダーとの良好な関係を維持するため、当社の企業情報を正確かつ公正に適時開示するとともに、株主・投資家の皆様が適切な判断を行うことに資すると考えられる情報は、積極的かつ公平に開示するよう努めます。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する重要情報の開示は、東京証券取引所の提供する「TDnetシステム」に登録し開示するとともに、同一資料を当社ウェブサイト上に掲載します。適時開示規則に該当しない任意の情報開示につきましても、株主・投資家の皆様が適切な判断を行うことに資すると考えられる情報は、当社ウェブサイトへの掲載等により積極的かつ公平に開示するよう努めます。

業績予想及び将来の予測について

当社は、業績見込み等の将来の予測について、決算短信等で開示しています。これは公表時点の会社業績の推移、経営目標、社会情勢など、入手可能な情報を勘案して判断したものであり、将来の業績等を確約するものではありません。そのため、実際の業績等は、開示後の様々な要因によって見込みや予測との差異が生じる可能性があることを予めご承知おきください。

沈黙期間について

当社は、情報漏えい防止及び公平性の確保の観点から、四半期毎の決算発表日前の一ヶ月間を沈黙期間と定め、原則として決算に関する質問への回答や面談の実施は控えています。