1. ホーム>
  2. 株主投資家情報>
  3. 株主・投資家の皆様へ>
  4. 中期経営計画

株主投資家情報

株主・投資家の皆様へ

中期経営計画 '中計77'

会社の経営の基本方針

当社グループは、2016年度(第75期)から2018年度(第77期)を対象年度とする新中期経営計画(中計77)を策定、「将来の市場環境を見据え、競争力と収益力を更に強化し、国内と海外が一つになって新時代を切り拓く」を基本方針に掲げ、新たな目標に向けた挑戦をスタート致しました。中計77は、国内外で将来の礎となる強い競争力を構築する事に主眼をおき、今後のマーケットの変化に応じて会社を変革して参ります。又、引き続きコンプライアンスを徹底した経営を堅持し、社是にある「我々は社業の発展を通して社会に貢献する」を念頭に行動して参ります。

中期経営計画概要(2016年4月~2019年3月)
将来の市場環境を見据え、競争力と収益力を更に強化し、
国内と海外が一つになって新時代を切り拓く
基本方針
  1. 国内建設事業の将来を見据えた、新築事業に於ける
    尚一層の受注力・収益力強化と、リノベーション事業の拡大
  2. 将来の飛躍に向けた海外建設事業の営業力と内部管理の強化
  3. 不動産賃貸事業の維持拡大
  4. 財務体質の更なる強化
経営目標(2019年3月期数値目標)
  1. 建設事業売上高合計 1,200億円以上
  2. 連結営業利益 50億円以上
  3. 連結自己資本 310億円以上
  4. 株主配当 8円以上
国内建設事業の基本方針
5年後の国内建設新築需要の縮小を見据え、収益力の更なる向上を図ると共に、
市場が拡大するリノベーション分野の受注200億円を目指して体制を強化する
海外建設事業の基本方針
5年後の海外600億円体制を目指し、向こう3ヵ年は営業体制を整備すると共に、
施工面ではローカル社員を計画的に育成して、堅固な500億円体制を構築する